練習が必要

合格はちまきを巻いた女子高生

偏差値の高い中学を目指すならなおのこと勉強を強化しなければなりません。 あらかじめ行きたい学校があれば、その学校の合格実績の高い塾にいれるのが一番早道です。 一般的には入塾テストがあって、ある程度の点数がないと、ついてゆけないと判断される場合もあります。しかし、合格して通塾しても成績が伸びるとは限りません。宿題も大量にでますが、そのフォローを塾がするわけでなありません。 もし、漠然と私立をと考えて通わせるなら、小6で受ける模試の結果から合格できる学校を絞り込みます。

中学受験は私立か国立ねらいです。地域の公立中学にどうしても行かせたくない理由が明確な場合は、早めの中学受験準備が必要になります。 ただ、受験勉強を始める小学4-6年生という年齢は精神年齢が実年齢より低い子どももいます。精神年齢が高いとがんばれますが、幼ければ「どうして受験するのか、どうして今もっとがんばらなくてはいけないのか」本人が意識できません。そのため、受験に立ち向かえるかどうかの見極めは親が責任をもってしないと、失敗した時子どもが傷つきます。中学受験は親がかりの受験です。親の協力体制と親子の連携があってこそがんばれます。 私立の場合は一度入学できれば大学まで行ける場合もあります。また進学校に合格すれば、高度な授業が受けられ、将来上位の大学を狙える可能性があります。 また優秀な仲間もできます。