良いところ

教室

中学受験と一言でいっても、受験生のレベルと学校レベルによって善し悪しがあります。まずは安全から比較すると、夕方以降に勉強することになるので、塾より家庭教師のほうが良いことになります。個人のスキルアップを考えると、マンツーマンの家庭教師のほうが確実です。塾だと塾生全員に合わせる必要があります。全体よりレベルが上だと先に進めないですし、逆だとついていけなくて勉強がきらいになってしまいます。ただし家庭教師には最重要ポイントがあります。それは先生個人の善し悪しに掛かってくるところです。圧迫せず、さりとてやさし過ぎないバランスが必要となります。子供の性格でも、どのタイプが良いかは異なります。これは塾の講師も同じことです。その子供に合った塾(講師)があるのです。受験生(子供)の状況把握ができるのはあなた(親)なのです。中学受験をされるということは、学校としての最終目的である大学があるはずです。家庭教師か塾か、どちらから始めるかは、経済面・時間面なども考慮する必要がありますが、どちらでも良いと思います。重要なのは、その後の経過を観察しながら継続するのか改めるのかを見極める事です。中学受験で子供の未来を見据えた以上、そのことは不可欠です。子供は生身の人間ですので成長と共に最善策が異なってきます。塾と家庭教師の良いところをうまく見極めて、中学受験で成功をつかみ取ってください。