安全を考える

合格祈願

小学校高学年にもなると、夜遅くまで塾に通うことが珍しくはありません。通塾が大変になると勉強する時間を満足に割くことができなくなりますし、保護者と子供にも大きな負担になってしまいます。通塾をするのに苦にならない所要時間の範囲内で選ぶことも大切です。塾のある日は学校からそのまま向かうことになるかもしれないので、夕食を取ることができるように配慮をしてあげることも大切です。帰宅後に夕食を食べるようにしても昼食から相当の時間が経過するので、何かしらの軽食を食べることができる環境を提供してあげることも肝心です。

学習塾を選ぶ際には、時間や距離の範囲内に存在する教室に体験授業に申し込むことも大切です。大抵どの教室も3回以内程度の無料体験学習を受講する事ができます。そこで教室の雰囲気を確認し、集中して勉強する事ができる環境かどうかを判断してください。また、実際にサービスを受けることになる子供の意見を聞くことも大切です。指導者も人間なので、相性があります。説明が面白くてわかりやすかったと答えるのであれば、その指導者と相性がいいと評価する事ができます。個別指導塾の体験授業の場合では、学校で学習している箇所の理解度をまずは確認します。その場で理解度をすぐに判断する事ができるので、授業終了後には保護者に適切なアドバイスを行い対策を具体的に提示してくれるので判断基準にすることができます。