安全を考える

合格祈願

小学校高学年から多くの子供が学習塾に通い始めることを選択します。子供の安全を考えて保護者が送迎を行うようになるので、塾を選ぶ際には自宅からの距離や周辺環境などを考慮に入れることも大切です。

Read more

練習が必要

合格はちまきを巻いた女子高生

中学受験は全員がするものではありません。多くは徒歩か自転車で通える地域の公立中学に進学するからです。 受験に出る問題は、学校のテスト程度の内容ではないので、練習が非常に必要になります。

Read more

有効活用の方法

希望に向かって

せっかくお金を払って学習塾に通わせるのであるから、子供には有意義な時間を過ごして欲しいものです。指導方法の観点から見て、子供に合った学習環境を選ぶべきであるといえます。

Read more

放課後からの授業

キャンパス

専念できる環境がココにある。岡山で中学受験を始めるなら環境面を重視しませんか。メンタルサポートも行ってくれます。

苦手分野の克服に特化しているスクールIEの評判は二台有名塾との比較をすると分かりやすいです。どちらも特徴があります。

アフタースクールとはNPO法人や大学などが実施している、放課後から塾や学校、施設などを開放して実施しているスクールのことです。アフタースクールでは地域をはじめ企業や大学などが連携をとることで、児童たちを大人たちが育てるといった観点から、両親が働いたり介護などをしている間の時間を児童たちが学習やスポーツ・レクリエーションなどをすることで有意義な時間を過ごしてもらうことが目的です。またアフタースクールでは学校だけでは授業がついていけない児童や運動能力を伸ばしたい児童に対して、大学生や社会人のボランティアが指導やアドバイスも行っています。ただしアフタースクールには塾と同じように申し込みが必要ですので、就労証明書などの必要書類をそろえて各自治体の子育て支援課などに申し込むと入所することができます。

ところでアフタースクールの場合は自治体や施設などによって、塾とおなじように入所費用や月々の負担費用が異なります。企業などの法人が賛同して寄付している場合もありますし、入所児童の保護者たちの入所費用だけで運営しているアフタースクールもありますので各アフタースクールによって費用はさまざまなのです。ただ平均的には育成にかかる諸費用が月大体2,000円から4,000円位の負担になり、別途おやつ代が約1,500円位の費用がかかります。また行事などに参加する場合には、それにかかる交通費の負担が必要なアフタースクールもあるようです。ちなみに児童が滞在可能な時間は放課後から延長時間の7時までというところが多いようですので、保護者たちはできるだけ残業で遅くなることがないように注意する必要があります。